ホーム > 施設と設備 > 栄養課 > お酒から体を守る
さくら病院

お酒から体を守る


お酒から体を守る

お酒を飲む機会が多くなるこの時期。

適量のお酒は血液の循環をよくしたり、ストレスの発散にもなりますが、過剰な飲酒は健康を害してしまいます。

適量のアルコールってどのくらい?ビールのカロリーってどのくらいあるの?などなどアルコールに関する情報を提供し致します。

<アルコールのエネルギー>
●アルコール 1g 7kcal
  (結構、高い!)
エネルギー源としての作用のみ.摂取した分だけただちに分解し熱(エネルギー)を放出。
但し、アルコールが体内に入ると糖質、脂肪などのエネルギー源の利用効率が低下し、体脂肪の形で脂肪組織・肝臓に貯蔵されてしまう。

気をつけないと… 肥満、脂肪肝になりやすい!
●糖質・蛋白質 1g 4kcal
●脂質      1g 9kcal
エネルギー源としての役割の他、細胞膜、酵素、ホルモンとして活用、
余剰分はグリコーゲン、脂肪になって体内に貯蔵。
つまり、体に必要な構成成分になる!
<アルコールと高脂血症>

適量のアルコールはHDLコレステロールを増加させる働きがあります。

一方、アルコールを摂り過ぎると肝臓で 中性脂肪の合成を促進してしまいます。

血液中の中性脂肪が高くなるほどアルコールをのみつづけると、善玉HDLコレステロールの低下がみられます。

<アルコールと糖尿病>
アルコール自体に膵臓からのインスリンの分泌を抑える働きがある
<アルコールと血圧>

多量飲酒者の高血圧発症率は非飲酒者の3~9倍

節酒による降圧効果は1~2週間で現れるといわれている

<アルコールと尿酸>
過剰摂取により尿酸排泄機能が低下し、高尿酸血症、痛風の誘因になる。
<アルコールと肝臓>
アルコール
  肝臓でアルコール脱水素酵素により
毒性の高い アセトアルデヒドに分解 (頭痛、吐き気の原因)
  アセトアルデヒド脱水素酵素により
酢酸
<アルコールを飲むと気持ちがよくなるのはどうして?>

アルコールが胃や腸から吸収されて肝臓を通って全身に運ばれ、ある血中濃度以上になると脳にまで影響を与えるからです。

血中アルコール濃度0.02%(日本酒1合以内、ビール(中)1本以内)でほろ酔い気分になるといわれています。

<いつも飲んでいるお酒はご飯にすると何杯分でしょう?>
<適量のアルコールは…ご飯かるーく1杯分(170kcal)くらい>
・日本酒 1合
・ビール 中ビン1本
・焼酎 1/2合
・ウイスキー ダブル1杯
・ワイン グラス2杯
・梅酒 グラス半分
・ジンフィズ 1杯

例えば、ビール中ジョッキ2杯とレモンサワー中ジョッキ1杯を飲んだ場合では、小盛りご飯にして約4杯(約600kcal)ほどになります。
約600kcalといえば、成人女子の1食あたりの必要カロリーぐらいです。

注意!脂肪肝

脂肪肝とは・・・・・食べすぎやアルコールの飲みすぎなどの原因により肝細胞内に脂肪が10%を超えて蓄積された状態をいいます。

また、最近ではアルコールによる脂肪肝もベースにインスリン抵抗性があるとされており、このような状態が続けば将来的には動脈硬化性疾患に進展する可能性もあると言われています。

アルコール性脂肪肝は飲酒を続けることによりさらに進行し、脂肪肝から肝線維症へ、さらにアルコール性肝硬変に進行する場合もあります。

脂肪肝は自覚症状もないため健康診断で判明しても、そのまま放置されがちです。

肥満による脂肪肝の人はバランスのとれた栄養をとり、なおかつ摂取エネルギーを減らす必要があります。アルコール性脂肪肝の人はまずは今飲んでいるアルコールの量より少しずつ減らす努力をしてみてください。