ホーム > 施設と設備 > 外科 > 血管外科 > 下肢静脈瘤
さくら病院

下肢静脈瘤


下肢静脈瘤

下肢静脈瘤とは?

下肢の静脈が瘤(こぶ)のように膨らんだ状態を下肢静脈瘤と呼びます。

膨らんだ部分(静脈)の多くは、蛇行や屈曲しています。

下肢の静脈は、深部静脈と表在静脈、また、この二つを連絡する交通枝で構成しております。

静脈は、血液を心臓に戻すための静脈弁(逆流防止弁)があり、この弁が異常をきたすと血液が逆流し、静脈圧が高くなり、静脈を拡張させてしまい静脈瘤を発症させてしまいます。

 

«MRI画像»

下肢静脈瘤が発症しやすい方

  1. 女性に多い
  2. 長時間立つ仕事(美容師、調理師、店員など)をなさっている方
  3. 妊娠や出産をきっかけに発生しやすい
  4. 加齢とともに発症頻度は増加する
  5. 親族で静脈瘤の発症の方を持つ場合、発症頻度が高い

静脈瘤の症状

静脈瘤が出来ていても症状のない方もいます。

一般に静脈瘤が出来ると、足がむくむ、重い、だるい、痛むなどの症状が出てきます。

症状が重くなると湿疹ができたり、色素沈着、潰瘍ができます。

静脈瘤の治療

治療方法として、弾性ストッキング、硬化療法、ストリッピング手術等があります。

● 弾性ストッキング

弾性ストッキングは、血液が足に貯留しないように、静脈瘤を強く圧迫するものです。

弾性ストッキングにより静脈環流が改善されることが証明されています。

また、硬化療法やストリッピング手術の際にも使用されています。

● 硬化療法

硬化療法は、静脈瘤内に硬化剤という薬を注射し、さらに静脈瘤を圧迫して癒着・硬化させ静脈瘤を消失させる方法です。

硬化療法の後、注射をした部分にしこりや色素沈着がおこりますが、次第に薄くなり消失します。

● ストリッピング

ストリッピング手術は、大伏在静脈あるいは小伏在静脈を引き抜き、さらに小さい皮膚切開により静脈瘤を切除する方法です。

悪い静脈を切除してしまうので再発率が低く、治療成績が安定しています。

当院では、日帰り、または、1泊入院で通常、ストリッピング手術を行っています。