ホーム > 施設と設備 > 外科 > 消化器外科
さくら病院

消化器外科


消化器外科

消化器(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など)疾患に関する検査、治療を行う科です。

嘔吐、吐血、胸やけ、腹痛、下痢、下血などの症状に代表される疾患が対象となります。

 

病気を診断するために血液検査・バリウム検査(上部消化管検査下部消化管検査など)、内視鏡検査(胃や大腸の内視鏡検査など)、超音波検査CTMRIなどを行なっています。

 

対象となる疾患

  • 肝疾患
    (急性肝炎・劇症肝炎・慢性肝炎・肝硬変・肝臓がん)
  • 胆膵疾患
    (胆石・胆のう炎・膵炎・胆管がん・胆嚢がん・膵がん)
  • 消化管疾患
    (逆流性食道炎・食道がん・食道静脈瘤・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃がん・大腸がん・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎)