ホーム > 施設と設備 > 放射線科 > MRI検査
さくら病院

MRI検査


MRI検査

MRIとは?

磁気共鳴画像:「Magnetic Resonance Imaging」の略で、磁場と電波を使用し体内の水素原子からの情報をもとに、体の内部構造を画像化にするものです。

また、CTと違いX線を使用せずにいろいろな方向から輪切りにした断面画像を作ることができます。

検査中にカンカン・トントン・コンコンと物を打つような音がしますが、信号の切替時に出る音ですから気にせず楽にしていてください。

入室時の注意点

MR検査は磁場と電波によって行いますので、体にはどんな小さな金属もつけたままでは検査をすることはできません。

(1)下記の項目に当てはまる方はMR検査を受けることができません。

  • 心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方
  • 脳動脈瘤クリップを使用している方
  • 人工関節を使用している方

上記に該当する項目がある方は、必ず主治医または検査担当技師に事前にお申し出下さい。

(2)次のような方は検査を受ける事ができない場合がありますので、事前にお申し出下さい。

  • ステントを留置している方
  • マグネット式の義歯を使用されている方
  • 妊娠中、もしくは妊娠の可能性がある方

上記に該当する項目がある方は、必ず主治医または検査担当技師に事前にお申し出下さい。

(3)服装等について

検査機械より強い磁気が発生するため、次のような物を持ち込むと使えなくなりますので、検査室に持ち込まないようにしてください。

時計・携帯電話・補聴器
定期券やキャッシュカード等の磁気性のカード
ピアス・ネックレス・指輪・眼鏡・ヘアピン等の金属製のもの
エレキバン・カイロ等
ブラジャー・ベルト等の金属のついたもの

検査中の注意点

検査中にカンカン・トントン・コンコンと物を打つような音がしますが、信号の切替時に出る音ですから気にせず楽にしていてください。レントゲンと同様に撮影中に動くと画像がぶれてしまいますので、動かないようにしていてください。

検査後は、普通通りの生活を送ってください。検査結果は主治医が説明いたしますので指定された日時に来院してください。