ホーム > 施設と設備 > 放射線科 > CT検査
さくら病院

CT検査


CT検査

CTとは?

コンピュータ断層撮影:「Computed Tomography」の略で、X線を人体の360°方向から当て、透過してきたX線を測定し、コンピュータで処理し画像化する検査です。

検査中の注意点

撮影中に体を動かすと、写真がボケてしまいます。撮影中は動かないようにしてください。

胸部や腹部を撮影する際、息止めをしていただきます。何回か繰り返しますので、毎回、同じくらいの量を吸い、アナウンスに合わせ息をしっかり止めてください。

金属は検査の妨げになる場合がありますので、金属のついた服や下着、貴金属などを外して頂くことがあります。

(1)腹部の検査を行う方へ
午前の検査では朝食を、午後の検査では昼食を控えて頂く必要があります。
(2)妊娠中や妊娠の可能性がある方へ
妊娠中や妊娠の可能性がある方は必ず主治医または検査担当技師に事前にお申し出下さい。

検査後は、普通通りの生活を送ってください。検査結果は主治医が説明いたしますので指定された日時に来院してください。

造影剤検査について

造影剤は病気の状態をより明確に画像診断するためのお薬です。一般のお薬と同様に副作用がおこる場合がありますので、下記の注意点に該当する場合、主治医または検査担当技師にお申し出下さい。

注意点

  • 過去に造影剤を使用した検査を受け、その際に気分が悪くなった。
  • アレルギー(気管支喘息・花粉症・食物・薬などによる蕁麻疹、アトピー体質)がある。
  • 心臓病・肝臓病・腎臓病・糖尿病・甲状腺などの病気がある。
  • 午前の検査では朝食を、午後の検査では昼食を控えて頂く必要があります。
  • 検査後30分経過し、副作用を疑うような症状がなければ、お食事をしても差し支えありません。
  • 検査後は造影剤を出来るだけ早く体内から排泄するため、水分を多めに召し上がってください。