ホーム > 施設と設備 > 薬剤科 > 水虫さん、さようなら
さくら病院

水虫さん、さようなら


水虫さん、さようなら

かゆい、つらい、恥ずかしい・・・。「水虫はどうせ治らない」とあきらめてはいませんか?水虫は、正しく治療すれば必ず治る病気です。水虫(ここではおもに足の水虫)について勉強することにしましょう。

«水虫は国民病»

水虫は、白癬菌というカビの一種が皮膚に取り付いて起こる感染症です。毎年5月頃から急に水虫に悩む人が増えてきます。これは、カビが高温多湿の環 境を好むため。おふろの足ふきマットやスリッパ、サンダルなどを介して感染することが分かっています。白癬菌が付着した人すべてが感染するわけではありま せんが、感染した後に足を洗わずに1日中靴下や靴などで蒸れた状態が続くと、菌がどんどん増殖して水虫になってしまいます。

水虫で悩んで い る人はどのくらいいるのでしょうか?皮膚科の専門医で作るjapan foot week 研究会の調査によると、日本人の2500万人以上が水虫に感染 しているとのこと。また最近は、ブーツを履く若い女性の中で水虫が流行しているとのこと。もう、お父さんだけの病気ではなくなったのです。

«治療は根気よく、気長に続けることが大切です»

治療は、白癬菌を殺す抗真菌薬が中心になります。症状にあわせて外用薬と内用薬を使い分けます。軽症の場合は副作用の少ない外用薬が第1選択となります。外用薬は、症状にあった剤型を選ぶことが大切です。剤型と症状があっていないと悪化してしまうことがあるからです。原則的には、乾燥性病変にはクリーム剤、液剤を用い、ジュクジュクが強い場合には軟膏剤を用います。市販のものを使用する場合は、クリーム剤を選ぶのが無難でしょう。外用薬による治療は比較的安全に、誰にでも始められる治療である反面、数ヶ月~数年の間、症状が軽減しても毎日薬を塗り続けるのはとても根気のいることです。途中で治療をやめてしまって、夏になるとまた再発…というのが外用薬治療におけるデメリットです。

爪の水虫や角質増殖型の水虫には、外用薬がほとんど浸透しないため内服薬を使います。内服薬を飲み始めると、白癬菌の温床だったガサガサのかかとがツルツルになり、新しくきれいな爪が生えてきます。内服薬は、「外用薬を塗るのが面倒」という方にも向いていますが、より安全に治療を受けるために肝機能検査などの諸検査を定期的に行う必要があります。また、他のお薬との飲み合わせに注意する点や治療費が高額になるというデメリットもあります。

«爪の水虫に新しいくすりの飲み方»

最近、爪の水虫(爪白癬)に対して、内服薬の新しい服用法(パルス療法)が認められました。従来は半年から1年間毎日飲み続ける方法でしたが、このパルス療法では、服用期間が21日間と短縮されました。これは、副作用の軽減にもつながる理想的な飲み方です。飲み終わった後も、爪の中にはまだお薬が残っていて、爪が完全に生え替わる半年から1年の間、白癬菌と戦い続けてくれます。

«主治医とよく相談を»
外用薬と内服薬、それぞれにメリットとデメリットがありますので、どの治療法にするか、主治医とよく相談してから治療を開始してください。今年こそ、そして来年の夏こそ水虫さん、さようなら~。