ホーム > 施設と設備 > 薬剤科
さくら病院

薬剤科


薬剤科

1.調剤業務

「調剤」とは、医師が発行した処方せんに基づき薬剤師が患者様のお薬を作ることを指します。

  • 処方せんの点検(薬の量や使い方が適正かどうか、また飲み合わせなどの点検を行い、必要に応じて医師へ確認を行います。)
  • 処方せんに基づき薬を作る
  • 監査(調剤された薬を、別の薬剤師がもう一度チェックします。患者様に安心して服用していただくための再確認です。)
  • 払い出し(患者様への配薬や1回服用分ごとのセットを行います。)

注射薬では、これらのステップに加えて、配合変化や点滴速度等もチェックし、患者様別に取りまとめて払い出しを行います。一部、抗ガン剤等は、薬剤師が調製・混合を行います。

2.患者様への情報提供(服薬説明)
患者様へ薬をお渡しする際に、薬の効果・使い方・注意点などを説明すると共に、患者様からの質問にもお答えしています。また、できるだけ患者様自身でお薬を管理していただけるよう、調剤や配薬時の工夫(字を大きく書く、薬の包装に切り込みを入れるなど)も行っています。
3.薬歴の管理と薬の安全性のチェック
薬や食品によるアレルギー歴・副作用歴の管理、現在使用している薬による副作用や検査値のモニタリング等、安全面のチェックも行っています。
4.医師・看護師等への医薬品情報の提供(DI業務)

薬の使用に際しては、それに伴う情報が不可欠です。薬に関する情報を収集・整理・保管・評価し、医師や看護師等の他の医療スタッフへ情報提供し、薬物療法をサポートしています。

 

この他にも、医薬品の購入・保管・管理、消毒薬の調製も薬剤科の大切な仕事です。

 

また、院内には、「院内感染管理員会」、「医療安全管理委員会」、「褥瘡対策委員会」など各種委員会があります。それらへの積極的な参加や、院内スタッフのスキルアップのための勉強会を企画したりしています。

 

薬剤師は、これらの業務により、医療チームの一員として高度な医療を支えています。

インフルエンザについて

インフルエンザの予防、かぜとの違いなど

水虫さん、さようなら

水虫の予防と治療について

正しい手洗い・うがいの方法

手洗いと’うがい’の効果的など