ホーム > 施設と設備 > 内科 > 循環器科 > 循環器科 沿革
さくら病院

循環器科 沿革


循環器科 沿革

1991年11月 さくら病院開院
冠動脈造影開始
1999年 5月 経橈骨動脈法(注1) 開始
1999年 7月 愛知県よりPTCA(注2) 施行施設認可を取得
PTCA開始
2000年 3月 社団法人日本循環器学会より
循環器専門医研修関連施設(注3) 認可を取得
2003年11月 累積手術(血管内手術(注4) および恒久ペースメーカー(注5) 植え込み手術)
件数250例に達する

<注釈>

(1) 経橈骨動脈法:
手首の動脈に管をいれて、心臓の検査および手術をすること。他の動脈を使用する場合より患者さんは楽であり、日帰り検査、手術が可能である。
(2) PTCA:
和名は経皮的冠動脈形成術。狭くなったり、つまった心臓の血管を風船手術で拡張する手術。
(3) 循環器専門研修関連施設:
日本循環器学会が循環器専門医の臨床研修のため、研修の指導を依頼する診療施設として指定した病院施設。愛知県下では、現時点で16の病院が指定をうけている。
(4) 血管内手術:
狭くなったり、つまった心臓の血管、透析に使用する血管、足につながる血管を風船で拡張する手術、硬くなった心臓の弁を風船で拡げる手術、血栓をとりこむ装置を血管に留置する手術等の総称。
(5) 恒久ペースメーカー:
心臓を刺激する器械を植え込む手術。