ホーム > 施設と設備 > 検査科 > 心臓超音波検査
さくら病院

心臓超音波検査


心臓超音波検査

1.心臓超音波検査とは

超音波によって心臓を画像に表し、心臓の形態診断(心内腔の大きさ、壁厚弁肥厚など)や、心筋や弁などの動きをリアルタイムに描出して心機能を評価する検査です。

また、カラードップラー法を用いて心臓内の血流の方向や、弁逆流、短絡の有無の発見、パルスドップラー法や連続波ドップラー法を用いて血流速度、流量や圧較差、心内圧の計算、記録をします。

2.検査の方法

肌着1枚もしくは上半身裸になっていただきます。

胸に超音波用のゼリーをつけるので冷たい感じがしますが、この検査による痛みは特にありません。

3.注意事項
検査時間は20分~30分程かかります。お手洗いを事前に済ませてください。