ホーム > さくらブログ > 糖尿病教室日記 > 糖尿病教室日記 「 室内運動をしよう! 」

糖尿病教室日記 「 室内運動をしよう! 」

2019年06月24日

紫陽花の花が雨に映える季節となりました。雨が降る中、皆様はどのようにお過ごしでしょうか?

 

さくら病院では令和元年619日(水)に糖尿病教室が開催されました。

 

今回のテーマは「室内運動をしよう!」

ということで、たくさんの方にご参加頂きました。

 

前半では糖尿病と運動についてのお話がありました。

 

糖尿病を治療するためには、食事・運動・お薬により血糖コントロールをする事が重要です。

 

その中のひとつの運動には、糖尿病の治療だけでなく、肥満、生活習慣病の改善や認知症のリスクを下げるなど私たちの健康寿命をのばす他には替えがたい様々な効果があります。

 

《運動の種類》

 

運動にはウォーキングなど酸素を取り込みながら行う有酸素運動と、筋力をつけ基礎代謝を向上させる効果のある無酸素運動(筋力トレーニング)の2種類があります。これらの運動を組み合わせることによって、より良い治療効果が得られることが最近の研究でわかってきました。

 

《運動の強度》

 

運動はややきついと感じる程度が良いといわれています。個人によって運動強度は異なる為、自分の身体に合った目標心拍数を目安に運動しましょう。

 

《運動の時間》

 

運動継続時間は20分以上が望ましいといわれていますが、20分未満の運動でも効果はあるため、初めは510分と無理しないようにしましょう。また食後の血糖値を下げる為にも、食後12時間後に運動を行うと良いでしょう。

 

《運動の頻度》

 

運動は1週間に35日以上行うとより効果的といわれています。

 

後半は室内で行えるサーキットトレーニングを行いました。

 

椅子に座って行える数種類の運動を組み合わせたトレーニングメニューでしたが、「きよしのズンドコ節」に合わせることで、皆さんと楽しく最後まで行うことが出来ました。

 

今回のトレーニングは自宅でも出来る内容で、雨が多い今の時期にちょうど良い運動になると思いました。

 

参加された方も「家でやってみたい」とおっしゃっていたので、継続して頂けると嬉しいです。

 

今回の間食は「サラダ風うどん」でした。

 

暑い日には冷麦やそうめんなど冷たい麺類がおいしく、ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。そんな時は市販の“糖質0麺”等を代用して作ると高血糖を防ぐことができます。今回はそんな糖質0麺を食べてみようということで、皆さんと頂きましたが、おからパウダーが入っているとは感じられないつるんとした麺で、とても美味しかったです。こんにゃく麺や様々な低糖麺があるそうで、皆様もお好みの麺が見つかるといいですね。