ホーム > さくらブログ > 糖尿病教室日記 > 糖尿病教室日記 「 糖尿病の基本 」

糖尿病教室日記 「 糖尿病の基本 」

2018年06月21日

梅雨に入り、雨の日が多く、体調を崩しやすいかと存じますが、みなさま元気にお過ごしでしょうか。

 

6月20日に“糖尿病になっても元気に楽しく暮らそう!”

 

というテーマにて糖尿病教室を開催しました。

 

雨の中参加していただいた方々はありがとうございました。

 

 

今回は糖尿病の基本のお話でした。

 

「糖尿病ってどんな病気?」

 

「検査値の読み解き方」

 

「合併症」

 

「薬物療法」などについてお話しました。

 

 

糖尿病は自己管理の病気とも言われます。

 

自覚症状をあてにせず、合併症の症状が出る前から自己管理行動に取り組みましょう。

 

 

心の問題も大切です。

 

ストレス管理をして前向きな姿勢を身につけましょう。

 

前向きに治療に取り組む中で、食事や運動に気をつけるようになると全身の健康を保つことになり、“健康長寿”につながっていきます。

 

充実したこれからの人生の為に前向きに治療を行い、“健康寿命”を延ばしましょう。

 

 

 

今回の低エネルギーおやつは、オレンジキウイ寒天でした。

 

食物繊維が豊富で血糖値の急上昇を防ぐことができます

 

また、今回より参加者のみなさまには、療養生活に役立つものをおみやげとしてお渡しいたします。何がもらえるかは来てのお楽しみです。

 

 

次回のご案内

日時:2018年7月18日(水)13:00

 

テーマ:「室内運動」

 

あなたに適した長く継続できる運動方法を、一緒に見つけていければと思います。

 

参加費:無料

 

場所:1階待合に集合

 

*動きやすい服装でお越し下さい

 

低カロリーおやつとおみやげを用意し、お待ちしています。

 

詳しくはスタッフ、またはお電話にてお問い合わせ下さい。